ウコウコヤオ株式会社

理念

サービス情報

加齢や病気により、これまでの暮らしができなくなる。
そういったことを、できる限り最小限にしたい。いつまでも自宅で暮らせるように支援したい。
「ふつうの暮らし」を提供する。
それが弊社の創業以来のモットーであり、事業キーワードとして定義してきました。
さらにもうひとつのファクターを加え、新たなステージへの取り組みを始めたいと考えています。
それは、従業員の「ふつうの暮らし」
あたりまえのことですが、サービスの受益者側に「ふつうの暮らし」を提供することを目的にするのであれば、
働く側にも「ふつうの暮らし」を保証しなくてはならない。
その事を、中小企業経営者として肝に銘じ、事業運営をしていきたいと考えています。
私どもの施設(デイサービス)は、社会福祉の領域で事業を展開していますが、
時に『施設」と言われるだけでなく、「社会資源」という表現をされることもあります。
「資源」とはよく言ったもので、「社会福祉における人財」は、まさに無尽蔵にあるものでなく、
有限であることを前提にしなくてはなりません。
地域の中で、介護サービスを安定供給できる体制(仕組み)を持つ会社をめざしたい。
創業5年目に、次の5年への誓いとして書き記せればと思います。

代表取締役
西ヶ谷 正人NISHIGAYA MASATO